パリのリトグラフ工房IDEM(イデム)。

カテゴリ

idem
item editions
今日の出来事
展覧会
リトグラフ
作家/作品
アートとは
今日のリトグラフ
私の軌跡
コンタクト

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

検索

その他のジャンル

最新の記事

ダリ / Salvador ..
at 2013-06-28 00:14
時代の節目、今日の出来事。
at 2013-04-17 01:05
IDEM PARIS by ..
at 2013-04-06 01:45
サヴィニャックの思い出。
at 2013-04-04 22:43
JUN INOUE 続き
at 2012-10-24 21:33

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

idem物語8 - 大人の遊び心 -

ここはクリエーションが集う場所。
今日はこんなところに視点を向けてみました。
まじーめに仕事をしていたって、息抜きにちょっとこんなことしたくなりますよね。

だってアーティストっていつでも遊び心を忘れちゃ、やってけないんだもん。
時には眉間にしわ寄せて、プロの仕事をこなす職人たちも歌を歌ったり口笛吹いたり。
小さないたずらだってしょっちゅう。

そんな遊び心、集めてみました。
なかでもこの工房で一番目立つのはこれ。
e0246645_2204645.jpg

Jean-Michel ALBEROLAさんの作品。
試し刷り(サインやナンバーの入っていないもの)を誰かが貼ったんだと思います。
書いてあるのはフランス語で"A, B, C, D, E... S, T, UTOPIE, un conte pour enfants."
意味は"A, B, C, D, E... S, T, ユートピア、子供のためのお話"。

実はこれ、日本語バージョンもあります。
e0246645_225503.jpg

ほんと、可笑しい。
アルベロラさんの視点が私は大好きです。

この周りには遊び心がたくさん。
ほら、
e0246645_2282541.jpg
ツノとか(時々これを頭に乗せて遊んだりします、私を含めた大の大人たちが...)、
e0246645_229665.jpg
とりあえずいろんなもの。
e0246645_2292896.jpg

プーさんはインクの番人。
e0246645_22105192.jpg


歴史の詰まった石版の並ぶ棚も、よくよくみてみると....
e0246645_22145574.jpg
この石版がずら〜っと並ぶ、
ほら。
e0246645_22153449.jpg

e0246645_2216074.jpg
ぷぷ。

ここにだれかが手袋を片方落していったのなら、こうなります。
ほら。
e0246645_2217830.jpg

絵になる遊び心も。
e0246645_22234567.jpg

一番神経を使う色を作る台だって、格好の遊び場。
e0246645_2225167.jpg

緊急事用アラームのとなりにも。
e0246645_2227468.jpg

この工房の心臓のような存在、プレス機にだっておかまいなし♡
e0246645_22275881.jpg

番人と言えば、彼の存在は忘れちゃいけません。
e0246645_2231715.jpg
どどん。
e0246645_22314285.jpg
24時間365日、どうもお疲れさまです。

今年のガレット・デ・ロワに入っていたフェーブは、こんなところで見つけました◎
e0246645_2233124.jpg


ここでしか見られないアートもありますよ。
e0246645_22351991.jpg

中国のトップ現代アーティストの一人、Zhang Xiaogangさんもここで作品を一枚制作されましたが、その時のアルミプレートはこんな感じで工房のどこかにこっそりと残っています。

JRの作品は中庭へ続くドアの番人になってました。
e0246645_2253867.jpg
あ、元の作品はと言いますと、こんな感じです。
e0246645_2365121.jpg

JRと言えば、ここに来るとストリートアーティストの血が騒ぐんでしょうか。
楽しそうに"いひひ"と笑いながら、ぺたぺたしていきました。
e0246645_22561849.jpg
ここも。
e0246645_22564511.jpg
ここにも。
e0246645_22571438.jpg


こうやってここは世界を代表する作家の作品たちと、こんな小さな遊び心に溢れています。
仕事を楽しんでやっている証なんじゃないかなーと思って、私は可笑しくなってしまいます。
職人、作家、みーんなが笑顔になるこの場所。
そりゃ、いいものが生まれるはずです。

日本から戻ってきて今日で一週間。
やっぱりここ、居心地がいい。

最後に、JRは私のアップルちゃんに"ぺたっ"として帰りました。
e0246645_22581074.jpg


ほんと、ここが好き。
[PR]
by idemparis | 2012-02-28 23:08 | idem