パリのリトグラフ工房IDEM(イデム)。

カテゴリ

idem
item editions
今日の出来事
展覧会
リトグラフ
作家/作品
アートとは
今日のリトグラフ
私の軌跡
コンタクト

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

検索

その他のジャンル

最新の記事

ダリ / Salvador ..
at 2013-06-28 00:14
時代の節目、今日の出来事。
at 2013-04-17 01:05
IDEM PARIS by ..
at 2013-04-06 01:45
サヴィニャックの思い出。
at 2013-04-04 22:43
JUN INOUE 続き
at 2012-10-24 21:33

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

楽園のカンヴァス - 原田マハさん 著 -

マハさんに出会ったのは昨年、パリではもうすっかり夏が過ぎ去った9月終わりのことでした。
その数日前、眩しいほどに美しい友人、伊藤ハンスさんから連絡がありました。

"アトリエを見せたい、あきちゃんに紹介したい人がいるんです。"
e0246645_1901943.jpg

小説家で、もともと美術関係のキュレーターをされていた方とのこと。
説明はそれだけだったけど、私がその人となりの美しさに一目惚れをしたハンスさんの紹介だったからか、少し緊張からそわそわしながらもお会いするのがとても楽しみだったのを覚えています。

もう半年以上前なのに、お二人が入り口から入って挨拶をして、どうやって工房を見せたか、どんな会話をしたか、どんな服を着ていたか、はっきりと覚えています。
忘れっぽい性格なのにも関わらず、不思議とその後大好きになる人たちとの出会いはよく覚えているんです。
そしてこのアトリエにとっても感動して、とっても楽しんで頂いていたのもとっても印象的。
e0246645_1954322.jpg

その方は原田マハさん。

「カフーを待ちわびて」
「ランウェイ☆ビート」

など、映画化もされているようで、その作品を知っている人も多いかもしれません。
さらには森美術館立ち上げに深く関わり、かのMoMA(ニューヨーク近代美術館)でもキュレーターとしていらっしゃたようで、素晴らしい経験をお持ち。
(マハさんがどんな方なのかは後から知りましたが…。)

初めてお会いした時、マハさんに言われました。

"本当にこの工房が大好きなのね。それがすごく伝わってくる。"

って。
そして、

"あなたは大丈夫。とってもキラキラしていて素敵だから。"

って。
すーっごく嬉しかったその言葉は、少し元気がなくなったときの私のパワーの源の一つになりました。
そんなこと、初めて会った人になかなか伝えるのって難しいと思いませんか?
私もそんなマハさんの素敵なところ、見習いたいと思っています。
直接お会いしたことはまだ二回しかありません。
でもまた会いたいなぁ、と心からそう思わせてくれる人です。

前置きが長くなりましたが、小説家としてキュレーターとしてたくさんの経験と知識を持ったマハさんが新しい小説を出しました。

"楽園のカンヴァス"
e0246645_18561471.jpg
(原田マハ著、2012年、新潮社)

マハさんが自分の経験と知識をもとに初めて書いた美術の分野をテーマにした小説。
”これはぜひ読んでほしいの。”
そう言うマハさんの、きっと挑戦的だけど確信的な、メッセージと自分自身の想いが詰まった一冊。
アートミステリーと分類されているけど、カテゴライズせず"読んでみてほしい"、そう言いたい本です。

この本を読んで、私はマハさんがより大好きになりました。
そして、自分の仕事がもっと好きになりました。
でも、自分はまだまだだなーなんても思っちゃったりしました。

この小説の中に一つの文章が出てきます。

"アートを理解する、ということは、この世界を理解する、と言うこと。
アートを愛する、ということは、この世界を愛する、ということ。"

この意味を理解してください、とは言いません。
実際、私もまだここまで思えていません。
でも、アートって、一人の夢や強い想い、自然や愛情や恋、そして欲や権力やお金や社会状況や、戦争や宗教、宇宙や過去も今も未来もぜーんぶ含んでいます。
私を含め、その面白さに魅了されている人たちの中身を覗くことができる一冊。


"アートを理解する、ということは、この世界を理解する、と言うこと。
アートを愛する、ということは、この世界を愛する、ということ。"

何故こんなことが言えるのか。
その世界のヒントが隠されています。
共感は出来なくてもいいので、こんな面白い世界もあるんだなーと読んでほしいです。


以前も出会いについて書きましたが、この工房にはこんな素敵な出会いがたくさん詰まっています。

photo:ここでの出会いと笑顔。
e0246645_18564360.jpg
e0246645_18571984.jpg
e0246645_18574179.jpg
e0246645_18581382.jpg
e0246645_18584415.jpg



追伸
マハさんは漫画家である私の叔母の漫画を読んでくださってたとのこと。
"口の中が♡なのよね"(漫画内の登場人物に関する)
と言っていました。
こんなご縁も面白く、色んな人が私に縁を運んできてくれてるんだなぁと、また自分のいる環境に嬉しくなります。


今もまた、プレス機の回る音をBGMにブログをアップするところです。
e0246645_1951873.jpg

[PR]
by idemparis | 2012-04-06 19:06 | 作家/作品