パリのリトグラフ工房IDEM(イデム)。

カテゴリ

idem
item editions
今日の出来事
展覧会
リトグラフ
作家/作品
アートとは
今日のリトグラフ
私の軌跡
コンタクト

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

検索

その他のジャンル

最新の記事

ダリ / Salvador ..
at 2013-06-28 00:14
時代の節目、今日の出来事。
at 2013-04-17 01:05
IDEM PARIS by ..
at 2013-04-06 01:45
サヴィニャックの思い出。
at 2013-04-04 22:43
JUN INOUE 続き
at 2012-10-24 21:33

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

サヴィニャックの思い出。

一度、サヴィニャックのリトグラフについて書きました

この時は、色が美しく大好きな一枚としてここで紹介したのですが、そういえばどうしてサヴィニャックの作品をここで作ることになったんだろうなと思い、聞いてみました。
語ってくれたお話は、この場所が積み上げてきた歴史が生み出した物語でした。

ここのオーナー、フォレスト
真っ青な瞳の持ち主です。
その透明なブルーの瞳は人より多くのことが見えてるんじゃないかと、私は密かに思っています。

e0246645_22241354.jpg
photo:たくさんの日が差す今日のidemの様子

彼がこの場所を受け継いだのは1997年のこと。
それからしばらくしてここで働いていたという年をとった職人、イヴ・メルシェルに出会いました。
その職人はは言いました。

「自分の父親もまた、リトグラフの職人だったんだ。カッサンドルやサヴィニャックは父が手がけたんだよ。」

そしてこう続けます。

「そしてその中のサヴィニャックの一枚は自分が手がけたんだ。」

フォレストは驚いたと言います。
いつの話だろう。そんなことってありえる??
そう思ったのだそう。

その昔、この職人さんがまだまだ今の私のように新入りだった頃、きっと眉間に皺が刻まれた父を師匠として一生懸命手がけたんだと思います。
それが1949年のこと、この一枚でした。

e0246645_2285952.jpg
作品:Mon Savon au lait (モンサヴォン・オ・レ)

フォレストはその話をすぐにサヴィニャック本人に伝えました。

"その作品からちょうど50年。それを祝って再版しましょう。"

というとっておきのアイディアも付け加えて。
とっても喜んでくれたサヴィニャックご本人とともに、それから2004年までの間に5枚のリトグラフが再版されました。

e0246645_2213664.jpg
作品:La Corse A Corté, 2002
e0246645_22132926.jpg
作品:Téfal, 2004
e0246645_22134387.jpg
作品:MonSavon, 2000
e0246645_22135543.jpg
作品:Seb Régale Vite, 2003


サヴィニャックの作品を作るきっかけとなったMon Savon au Laitの裏にはこう書かれています。

「Yves Melcherの携わった1949年から50周年を祝っての再版」

1949年から半世紀、1999年のことでした。


これに加えて、もう一枚作られたリトグラフがあります。
それがこれ、オランジーナ。

e0246645_22275868.jpg
作品:Orangina mieiux qu'un soda

これも他の作品と同じように裏に説明が書いてあります。

"1964年の試し刷りを経ての初版"

当時、リトグラフでの試し刷りは作られながらも、何かしらの理由で印刷されなかったサヴィニャックの代表作の一つ、オランジーナ。

数十年の時を経て、初めて印刷されることとなりました。
現在も世界中で親しまれているオランジーナ、このことを問い合わせたらとっても喜んでこの初めての印刷を賛成してくれたそうです。



ここがずっと動き続けてるから生まれる物語。
ここがずっとここにあるから生まれたリトグラフ。
このオランジーナはもう残り数枚。
そう思うと少し淋しくもあります。

色んな人たちの想いや人生がたくさん詰まったこれらの作品。
大切な人へのプレゼントに、いつかしようと思っています。
でもまずは自分へのご褒美に青とピンクのモンサヴォン。
毎日お家に帰るとき、このぽにっとした顔が出迎えてくれると思うとほっこりします。



この話を聞いてまたもう少し、この場所が好きになりました。
作品について、工房について、どうぞいつでもご質問下さい。

akiko.otsu@idemparis.com
[PR]
by idemparis | 2013-04-04 22:43 | リトグラフ