パリのリトグラフ工房IDEM(イデム)。

カテゴリ

idem
item editions
今日の出来事
展覧会
リトグラフ
作家/作品
アートとは
今日のリトグラフ
私の軌跡
コンタクト

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

検索

その他のジャンル

最新の記事

ダリ / Salvador ..
at 2013-06-28 00:14
時代の節目、今日の出来事。
at 2013-04-17 01:05
IDEM PARIS by ..
at 2013-04-06 01:45
サヴィニャックの思い出。
at 2013-04-04 22:43
JUN INOUE 続き
at 2012-10-24 21:33

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

時代の節目、今日の出来事。

ここ数週間、カンカンコンコンと音の鳴り響く日が続いていました。
そして今日、これから数ヶ月続くいくつかの変化、その一つがありました。


それがこれ、何十年もここにいたプレス機の一つの旅立ちです。

e0246645_0311328.jpg
photo: 今日4月16日午前11時頃の様子。

段々解体されていくこいつ(私の中では"こいつ"って感じでした)を見ていて、なんだかちょっぴり淋しい日々でした。

e0246645_0403684.jpg
photo: お引越前の様子。

こうやって少しずつ解体。

e0246645_0451276.jpg
photo: 解体された部品が並びます。

e0246645_046525.jpg
photo: それを見守る石版たち。

その石版たちも、しばし移動。

e0246645_0482596.jpg
e0246645_048417.jpg
photo: ぶつからないように移動中

e0246645_049134.jpg
photo: 移動も完了!

どうやってここに入ったんだろうと思うほど、大きなプレス機。
いよいよお引越。

e0246645_0495173.jpg
photo: 移動中の様子


結局一番狭いところもたった2cmの余裕を持って通りました。


最後はちゃーんとみんなで見守りましたよ。

ほら。

e0246645_0513128.jpg
photo: 道ゆく人も立ち止まるほど、大掛かり。そしてみんなでお見送り。

吊るされて、持ち上げられて、

e0246645_057214.jpg
e0246645_0522369.jpg


トラックに乗せられて、

e0246645_0572322.jpg


そして旅立ちました。

行く先はびっくりするような場所。
きっとここよりももっと輝けるところ。
淋しさよりも誇らしげな気持ちの方が大きい。

生まれ変わった姿をいつか伝えられると嬉しいです。


そんなちょっぴり哀愁漂う今日という日でした。



そんな動きも本当はいいニュースを伝えるため。
何年も前から動いてきました
いつだいつだと待ちわびていたこのプロジェクト!!
やっと始動です。

なぜこいつがお引っ越ししたかって、大型プレス機の到着が迫っているからです!



ここで今まで制作出来ていたのは最大で80×120cmのサイズ。

それがその倍!
120×160cmのリトグラフを作れるようになります。

それを可能にしてくれるのがこのプレス機!!

e0246645_143225.jpg
photo: 120x160cmを印刷出来るプレス機。現在は南仏で待機中。

こいつの到着が目前に迫ってきました!!

重さだけで18トン...。
いったいどうなっていくんでしょう。


ここは今、新しい時代に向けて、より多くの作品を生み出すため、変身中です。

少しの哀愁を感じつつも、たくさんの歴史をもつこの工房が更に歴史を重ねていくための節目に立合えていることはなんだか誇らしいほど。
大きな作品たちを発表出来る日が待ち遠しいです!!
[PR]
by idemparis | 2013-04-17 01:05 | idem