パリのリトグラフ工房IDEM(イデム)。

カテゴリ

idem
item editions
今日の出来事
展覧会
リトグラフ
作家/作品
アートとは
今日のリトグラフ
私の軌跡
コンタクト

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

検索

その他のジャンル

最新の記事

ダリ / Salvador ..
at 2013-06-28 00:14
時代の節目、今日の出来事。
at 2013-04-17 01:05
IDEM PARIS by ..
at 2013-04-06 01:45
サヴィニャックの思い出。
at 2013-04-04 22:43
JUN INOUE 続き
at 2012-10-24 21:33

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

David Lynch展@ヒカリエ 開催の裏側!!

今日は展覧会開催の裏側のお話をしたいと思います。
その中でもリンチさんの作品に使われている紙のお話。
書いていたらとっても長くなってしまったので、2,3回に分けてお話ししたいと思います。
e0246645_1395871.jpg
e0246645_1424219.jpg
photo:ギャラリーItem Editions@Parisでの展示風景

リンチさんが初めて来られたのは今から5年前、2007年のことでした。
その時の感動をこう語ってくださっています。

"私はこの素晴らしい場所に足を踏み入れ、そして彼らのお陰でここでの制作の機会を得ることができた。全てがまるで夢のよう。そして新しいリトグラフという世界と石版のマジックに足を踏み入れたのである。(Idemサイトより引用)"

それも、それまで一度もリトグラフを作ったことなかったリンチさんにオーナーが

"やってみる?"

と言ったのが始まり。
これがその初めてリンチさんが石版に触ったときの作品です。
e0246645_144652.jpg
photo:« Insect and Woman »,2007 courtesy Item Editions

それからの作品は既に150点を超えています。
それは私がここに入る前の話ですが、何のご縁なのか一作目からリンチさんは日本の和紙に作品をプリントされています。

『David LYNCH×和紙』

なんて想像出来ますか?
私は出来ません。
でもそれらがなんともしっくり、本当に新たな美しさを生み出したのです。
それがこのリトグラフのシリーズ。
e0246645_1475018.jpg
e0246645_1481420.jpg
e0246645_1483273.jpg
e0246645_1493540.jpg
photo:4月にプリントされたばかりの2012年シリーズ,courtesy Item Editions

"どうしてDavid LYNCHに和紙なの?"

オーナーに尋ねてみました。
聞かせてくれたのは何とも不思議なご縁の話。


彼がこの工房を受け継いだのは1997年のこと。
その時彼は会社も、仕事も、プレス機も、石版も、職人も、技術もぜーんぶ受け継ぎました。
そこらへんに置いてある材料もストックも、いつからあるか分からないいたずら書きも、ここに住むネズミたちまで(!)、前オーナーのムルローさんが置いていったものは全部。
そしてその中にあったのが65.5 x 49.5 cmの手漉き和紙でした。
偶然にも。

実はリトグラフに和紙を使うことは過去にもいくつも例があります。
過去にもこんな作品たちが作られていますし、水彩絵の具や墨と違ってリトグラフのインクは紙にあまりしみ込んでいかないため発色もいいのです。
そして和紙と言うと高級で繊細、品のいいイメージもあり、ヨーロッパの方からしてもとっても美しい紙。
好んで使う作家さんも少なくありません。
e0246645_1525726.jpg
photo:Jean-Michel ALBEROLA, « Iablonoi », 1992,courtesy Item Editions, 和紙にリトグラフプリント

そんなこんなで、ぽつり、と長い間眠っていた和紙にスポットが当たりました。
いつもオーナーが"偶然ではないよ"というけれど、今思うとそれは本当に偶然じゃなかったんだろうなぁ。
だってここに日本人の私が勤めることになり、そのリトグラフたちが初めてアジアを旅するのが日本で…。

6月27日から渋谷ヒカリエ8階、小山登美夫さんのギャラリーでこのリトグラフたちを含む展覧会が始まります。
作品たちはちゃーんと飛行機にみんなで並んで乗って、日本に到着しました。
もともと日本で生まれた紙たち。
今頃は故郷の湿気具合に

"そういえばこんなだったー!!"

と私と同じようにびっくりしていることだと思います。
そんなふうに想像すると愛着がどんどん湧いてきます。
ほんとかわいい大事な仲間たちです。
会期は7月23日まで。
ぜひ足を運んでみてください。

e0246645_1562922.jpg
e0246645_158266.jpg
photo:工房にて、制作風景

お話はまた明日に続きます...
[PR]
by idemparis | 2012-06-21 01:58 | 展覧会