パリのリトグラフ工房IDEM(イデム)。

カテゴリ

idem
item editions
今日の出来事
展覧会
リトグラフ
作家/作品
アートとは
今日のリトグラフ
私の軌跡
コンタクト

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

検索

その他のジャンル

最新の記事

ダリ / Salvador ..
at 2013-06-28 00:14
時代の節目、今日の出来事。
at 2013-04-17 01:05
IDEM PARIS by ..
at 2013-04-06 01:45
サヴィニャックの思い出。
at 2013-04-04 22:43
JUN INOUE 続き
at 2012-10-24 21:33

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

David Lynch展@ヒカリエ 開催の裏側!! の続き

さてさて今頃日本の梅雨の湿気具合にびっくりしているだろうリ
トグラフの和紙たち

お話の続きです。


偶然工房に眠っていた和紙。
これに印刷してみる?って、第一作目を印刷したのが始まり。

e0246645_139073.jpg

photo:第一作目« Insect and Woman »courtesy Item Editions

"石の上に描く"という行為をとっても気に入ってくださったリンチさんに、オーナーは大きな石を出しました。

"もっと大きな石に自由に描いたらいいじゃないか。"

それがこの作品。
e0246645_139209.jpg
photo:第二作目« Insect by House with Woman »courtesy Item Editions

そこからすでに5年。
この工房を第二のホームだと言ってくれるほど、ここをだーい好きでいてくれています。
そしてパリに来る度にたくさんの作品を描く。
数えればすでに150点を越えています。
いつしかリンチさんが来る度に大量の和紙を発注することとなっていました。


よりいい形でいいものを生み出したい。
そう考えるここのオーナー、パトリス・フォレストはその時はまだここで働いていなかった私に頼みました。


"日本から直接紙を頼めないだろうか。出来るなら職人に直接会って作ってほしい。"


それが2009年のこと。
どれだけの和紙会社のホームページを見たことか。
でも、うちのような需要はほとんどないのか、自力で見つけることは出来ず。
それでも時間がかかった末にようやく辿り着いたのが森木ペーパーさんでした。

"とっても信用の出来る方だから"

と紹介してくださったのは、同業者の方。
その言葉は、何よりも私の背中を押す言葉。

"森木さんにお願いしてみよう。"

そう思ったけど、その時はまだ、今のような関係が生まれるとは思っていませんでした。
そしてそこから3年がたった今、森木さんはこの工房にとってなくてはならない人となっています。

森木さんは1925年に創業された輸出を中心とした和紙の専門商社の三代目。
欧米を中心に現在25カ国で和紙を紹介されています。
リンチさんが和紙にプリントすることになったのは間違いなく森木さん、もしくは森木さんのお父さまのお陰なのです。
和紙への想いは人一倍強く、良心的で素晴らしいお仕事をされる心から信頼出来る方。

お付き合いをさせて頂いていた当初から、いつかリンチさんのリトグラフのために最も適した紙を作りたいと相談させて頂いていました。
それは決して簡単なことではなく、それから二年以上が経っていました。
そしてそして!!今年の二月、森木さんのお陰でやっとやっと職人さんに出会うことができたのです!
待ちに待ったこの機会。さっそく打ち合わせも兼ね、工房を見学させてもらいました。


工房では素材の違いや工程を教えて頂き、
e0246645_146029.jpg
photo:材料の自家栽培もされているようで、刈り取った後でしたがこう言うものだと見せてもらいました。

e0246645_1464896.jpg
e0246645_214814.jpg
photo:和紙の材料となる楮など…

実際に作ってらっしゃる場面も見せてもらう。
e0246645_1562624.jpg
e0246645_1571480.jpg
photo:紙をすいている風景

ふむふむ。

で......

e0246645_1574024.jpg
e0246645_1581155.jpg
photo:出来立ての紙

出来立ての紙ってーーー!!
こんなにもふわっふわでキレイ!!
ひんやり赤ちゃんほっぺな石版と相性がいいのを感じるほど!!

そして一枚一枚丁寧に乾かされます。
e0246645_23242069.jpg
e0246645_23243718.jpg
photo:乾かすのも全て手作業

職人の手仕事って共通するんですね。
仕事は違えど、うちのリトグラフ工房の仕事と重なります。

そして遂に遂に!!
David Lynchさんのリトグラフ専用の紙が出来上がりました!!!

と、言うところですいません、長くなったので次に続きます。
次回はその紙の違いをじーっくり見てもらいたいと思います!

ふ〜。
思い余ってか、今日はやけにテンションの高い記事となりました。
ヒカリエでの展示まであと二日。
一番わくわくしているのは私かもしれません。
[PR]
by idemparis | 2012-06-26 01:37 | 展覧会